精密機械の運送にはどういう所に注意が必要か

精密機器を運ぶ時のチェックポイント

精密機器が壊れる要因とは

オフィスだけではなく、現代では一般家庭でもパソコンやプリンターを始めとした精密機器を所有しています。精密機器とは多くの細かい部品で出来た機械の事を指し、大変便利ではありますが、一方で非常にデリケートで壊れやすい構造をしています。人体にとっては多少の振動や湿気と感じる程度の外部要因でも、それが原因で壊れてしまうことは少なくありません。
商品を購入した時、または引っ越しの時など、これら精密機械を運送しなければならない場面では、どのような点に気をつければ良いのでしょうか?
時計や電話機などの小さいものならば対策も取りやすく、人に任せなくとも自分で運べば良いのですが、デスクトップ型のパソコンや大型家電、法人であればネットワークサーバー、医療機関であれば診療機器等、どうしても複数人で運ばなければならないような大型の機器も多数あります。ましてや運ぶ距離が遠ければ遠いほど、破損のリスクも高まるでしょう。
壊れたらただ買い直せば良いというわけではなく、自宅やオフィスで使用されているパソコンなどメモリー機能が搭載されている精密機器には大抵、破損したら取り返しのつかない大事なデータが保存されているものです。ただでさえ高額な機械ですが、データなどソフト面の破損はどれだけお金を払っても、取り返しがつきません。
このように深刻な損失を生まないために、どのような点に気をつければ良いのでしょうか。精密機械を運送しなければならない時の、梱包から、保証内容、運送会社の選び方など事前にチェックすべき注意点を見ていきましょう。

TOPへ戻る